不妊が続く状態を打破する

不妊が続く状態を打破するために、食生活から改めるのも大切だと思います。両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、乱れた食習慣を続けていては妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠を望むなら、まずは体作りです。規則的で栄養バランスに配慮した食事を大事にしていくといいでしょう。

冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。

冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから調理の際の加熱によって葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。

男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子が活性化することをサポートする効果があるのです。

妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみるのが良いと思います。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

料金は1回2800円で安価でしたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、ほどなくして二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

めぐりの葉酸の効果はいかほど

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です